<< つかの間の休息。     破壊王 光臨。 >>